トラブル

Cubeセットアップ時にWi-Fiへ接続できない

CubeのWi-Fiセットアップに失敗し、「Wi-Fiネットワークに加入失敗(Code:-999)」というメッセージが表示される場合、Wi-Fiルーターの設定変更をしていただく必要がございます。

恐れ入りますが、Wi-Fiルーターの設定状況をご確認いただき、ご対応をお願いいたします。

◆Wi-FiのSSIDが32文字に設定されている

Wi-FiのSSIDが32文字の場合、Cubeの接続に失敗する不具合がございます。お手数ですが、SSIDを31文字以下となるようWi-Fiルーターの設定を変更していただき、Cubeのセットアップをお願いいたします。

この不具合はセットアップ後、アプリEcogenieよりCubeのファームウェアを最新にアップデートしていただくことで解消されます。

◆Wi-Fiのパスワードが63文字に設定されている

Wi-Fiのパスワードが63文字の場合、Cubeの接続に失敗する不具合がございます。パスワードを62文字以下に変更していただき、Cubeのセットアップをお願いいたします。

この不具合は次期Cubeファームウェアで解消される見込みです。

◆Wi-Fiの認証方式がWEPになっている

Wi-Fiルーターの認証方式をWEP(Shared Key)に設定されている場合、Cubeを接続することができません。

お手数ですが、Wi-Fルーターの認証方式を「WPA」もしくは「WPA2」へ設定変更していただきますよう、お願いいたします。

◆Wi-Fiルーターのセキュリティ機能が有効になっている

ご利用のWi-Fiルーターにつきまして一部セキュリティ機能が有効になっているとCubeのセットアップを正常に完了することができません。

Wi-Fiルーターの下記セキュリティ機能を「無効」に設定いただきますよう、お願いいたします。

【無効にするセキュリティ機能】
・MACアドレスフィルタ機能
・ネットワーク分離機能(ネットワークセパレーター機能などWi-Fiルーター機器により名称が異なります)

※ネットワーク分離機能が有効の場合、Wi-Fiセットアップは通常どおり完了し、CubeのLEDは正常を示す「緑色」に点灯しますが、セットアップ後はアプリEcogenieからCubeに接続できなくなります。このセキュリティ機能を無効にしていただくことで、アプリからCubeのセンサ情報を確認できるようになります。

※モバイルルーターやゲストWi-FiへCubeを接続される場合は、ネットワーク分離機能が初期状態で有効になっている場合が多いので、特にご注意ください。